It always
seems impossible
until it's done

圧倒的な声と歌唱力を

ダイナミクス豊かな歌声
枯れない声
存在感を生み出す歌声

グラミー賞などに名を連ねるアーティスト、全米トップシンガー達が身につけている歌唱力は、彼らが持つ「発声スキル」に支えられています。
タプアヴォイスアカデミーが提供するボイストレーニングメソッドは「チェストボイス」「ミックスボイス」「ヘッドボイス」「ベルティングボイス」など現代の音楽シーンでは欠かすことの出来ない「発声スキル」を習得出来るプログラムです。

全米トップレベルの
ボイストレーニング

タプアヴォイスアカデミーは20年以上の実績と経験、そして全米屈指のボイストレーナー「ビリーパーネル」のサポートを受け、現在活躍する海外の実力派シンガーと同じメソッドによるレッスン内容と環境を提供しています。

常にリアルタイムで最新の全米トップレベルのボイストレーニングを受けていただけます。

ビリーパーネルとはタプアヴォイスアカデミーのマスターティーチャー(特別監修役)としてタプアトレーナーへのアドバイス、レッスン内容の監修、タプア生へのロサンゼルス レッスンツアーへの協力など、タプアヴォイスアカデミーを通してアジアンボーカリストのレベル向上にも力を注いでいます。

既にビリーパーネルと言えば「レッスン予約を取ることはとても困難なボイストレーナーの一人」と周知されるほどになりましたが、今もプロ・アマ問わず、常に音楽を愛し歌を愛する人であれば全力でサポートする姿勢を崩さない、全米屈指のボイストレーナーです。

シンガーが抱える
悩みの解決

  • 高音もしくは低音が苦手
  • 音程が安定しない
  • 地声と裏声の差が大きすぎる
  • 大きな声で歌えない
  • 声が震える
  • ビブラートができない
  • 息が続かない(息もれ)
  • ノドがすぐに痛くなる
  • 英語の歌が苦手
  • 歌詞がハッキリしない
  • 速いテンポの曲が苦手
  • ステージの最後まで声が持たない
  • バンド練習後は声が枯れている
  • 独学での上達に限界を感じている

これらは私たちにご相談頂く代表的な悩みです。
そして、これらの悩みの全てはプロのボイストレーナーによるレッスンで解決されます。人の声はそれぞれのカラダのコンディションなどで声の悩みの原因は繊細に違ってきます。

高音が苦手
と一言で言っても、実は「低音のチェストボイスの響きが不安定」である事が原因となっている場合が多く、チェストボイスの発声から修正する事が高音域を伸ばす解決策の一つにあります。
ビブラートが
うまくできない
その克服ポイントは、「声がひっくり返りやすい音(換声点)」から導き出す事が出来、レッスンが進むにつれて、いともカンタンにビブラートをかけられるようになる事もよくあります。
音程が安定しない
その原因は、ブレス(呼吸)コントロールを司る根本的な体力面だけでなく、下半身の柔軟性や筋力、もしくは口の開け方(アゴの開き方)、発声時の舌の位置など、オープンスロート時の口腔内フォームの修正をすることで音程が安定します。

タプアヴォイスアカデミーでは、それらの状況に合わせたマンツーマンレッスンだからこそ確実に成果を生み出せるのです。 まさに、自分のカラダという「声を発する楽器」の扱い方をマスターするレッスンと言えます。

カラダを楽器として
扱う発声

オープンスロートで
歌えていますか?
よく耳にする「クチを大きく開けて」という指導。 本来、開けるべきはクチではなくノドなのです。 大きく開けたノドの空間で響きを作りスムーズな呼吸で声を送り出す。全音域を自由にコントロールして歌う為には「オープンスロートの習得」が最優先なのです。

チェストボイスの響きを
出せていますか?
チェストボイスは単に低音を出す事ではないのです。 多くの人が得たいミックスボイス・ヘッドボイス、 実はその声の源はチェストボイスの響きにあります。 正しくチェストボイスを響かせるフォームが出来て はじめてミックスもヘッドも響きが繋がるのです。

鼻にかけて
歌っていませんか?
音を鼻に当て過ぎると鼻に音がとどまりミックスボイスやヘッドボイスに肝心な鼻腔の響きが作れません。そして本来響くはずの音域の共鳴音が鳴らず、音域も狭めてしまうのです。

目標レベルに合わせた
トレーナー

タプアヴォイスアカデミーは、その人のレベルや目的、目標に合わせたレッスンとトレーナーを用意しています。

  • プロシンガーの方
  • プロを目指す方
  • 音楽大学受験を控えている方
  • オーディションの合格を目指す方
  • 趣味で歌の上達を望む方
  • ボイストレーニング初心者

ボーカルスタイルやジャンルにかかわらず、あなたの目標に合った専属トレーナーがマンツーマンレッスンであなたの目標達成に向けて、発声指導はもちろん、ノドのメンテナンス方法、発声のためのカラダ作りまで丁寧に指導します。

ようこそ、タプアへ

タプアヴォイスアカデミーのボイスレッスンコンセプトは「歌唱法」ではなく「発声法(ヴォーカライゼーション)」にこだわったボイストレーニングにあります。

その根幹は、1995年に代表(牧野高佳)とチーフトレーナー(牧野美佐)自らがロサンゼルスのトップボイストレーナーからのレッスンを受けた際に感じた思い。「日本中のボーカリストがこのメソッドを学ぶことが出来ればどれほど素晴らしいことだろう」から始まっています。1997年、大阪で開校して以来これまでに指導した人数はプロ・アマを合わせ延べ5,000人以上にもなります。

2006年より、ロサンゼルスを中心に第一線で活躍する全米屈指のボイストレーナー「ビリーパーネル」に師事し、彼のアドバイスをもとにそれまでのレッスンプログラムから大きく進化させ「声の個性をうばうことなく、シンガーが理想とする歌のスタイルを思いのままに表現できる発声」を、これまで以上に短期間で身につけられるレッスンプログラムを確立しました。

また、2007年より「タプア・ロサンゼルス・ボイストレーニング・ツアー」を催行し、これまでに多くの生徒を引率し、その全員がロサンゼルスでのビリーパーネルのマンツーマンレッスンを受講することにより、更なるスキルアップへと繋がりました。(ロサンゼルス・ツアーは現在も毎年催行)

現在、これら数々の実績をもとに、タプアヴォイスアカデミーでの一般生徒のレッスンと併せて、東京・大阪の芸能プロダクションや音楽事務所所属のメジャーアーティスト、インディーズアーティストのプライベートレッスン、他のボーカルスクールのボイストレーナー育成及び監修など、多様な要望に合わせたレッスン依頼を受けています。

2017年、タプアヴォイスアカデミーは創設20年目を迎え、あらゆる音楽ジャンル、年齢、性別、国籍、プロアマ問わず、リアルタイムな世界水準のボイストレーニングメソッドを提供しています。

VOICE

生徒の声

たった1回のレッスンでパワフルな声に

弱々しい自分の高い声がコンプレックスで、発声を根本から教えてくれるボーカルスクールを何年も探していたところ、ネット検索でタプアを見つけ、何か運命を感じて大阪まで体験レッスンを受けに行きました。以前は、力いっぱい歌わなければ強い声や高い声は出せないものと思っていたのですが、レッスンの指導のままに声を出していただけなのに、録音したその声を後で聴いてみると歌声がとてもパワーのある響きになっていて驚きました。その後もレッスンを続けていき、どんどんと自分の声が変化していくのを実感。念願だったメジャーデビューもする事ができました。これからも自分らしい声の響きを探求&進化させていきたいです♪

Rieco(東京都)

喉の悩みも解消し発声が楽に

本格的なボイストレーニングが受けたくて福岡在住ではありましたが、大阪にあるタプアを選びました。今までに何度かボーカルレッスンを受けたことがありましたが、全然指導法が違っていて、みるみるうちに発声が楽になっていきました。タプアのロサンゼルス ボイストレーニングツアーにも参加し、ビリー先生のレッスンもマンツーマンで受けることができ、素晴らしい経験もさせて頂きました。お陰様で喉の悩みも解消し、今ではプロの歌い手として活動することが出来ています。歌い手にとって声は最大の武器であり、最も大切にすべき命です。今から本格的に音楽活動する方には、ぜひ体験してほしい素晴らしいレッスンだと思います。

池端 克章(福岡県)

すぐに歌声が変わっていくのを実感

プロレベルのボイストレーニングレッスンを探している時にインターネットでタプアを見つけました。私の場合、体験レッスンでは歌よりも発声のトレーニングがほとんどだったので、歌を習ってばかりだった私にとって発声をしっかり教えて頂けるタプアは「学びたかったことを学べる!」と感激しました。レッスンを受けはじめてすぐに、自分で歌声が変わっていくことを実感出来ただけでなく、ライブなどでいつも応援してもらっている方々からも「声も歌もずいぶん良くなった」と沢山のお褒めの言葉を頂けました。これから更に活躍していくためにも、もっと歌えるカラダづくりや発声や表現力のアップに取り組んで頑張りたいと思います。

山口 真衣花(大阪府)