【洋楽を歌おう その弐】暴れる舌をしずめよう

前回「ノドを開く」ということの大切さをお伝えし、その中で「ノドを開いて声を出せているかを自分でチェックする方法」までお話しさせていただきました。

体験レッスンに来られた方の中からも「早速やってみました」というお言葉も頂き、何かしらお役に立てたのかなと実感出来て、ありがたく思います。

そんな「やってみました」という方の中に 「結構、ノド仏も舌も言うことをきいてくれないもんですね」 という感想がありました。

そう!そこが「洋楽(英語の歌)を上手く歌うためのポイント」の二項目そのもの。

そこで、今回のテーマタイトルは【暴れる舌をしずめよう】です。

では、早速本題へ。

英語の歌、もしくは邦楽であっても英語のフレーズの部分を歌うと

「変な巻き舌になる」

「ノドやアゴが疲れる」

「外人シンガーのように言葉が繋がらない」

というような方のほとんどは声を出すときに「舌に必要以上の力み」が入っています。

英語のフレーズを話すときにも「どうしてもカタカタみたいに聞こえる」これも同じ原因である場合が非常に多いです。

前回お話しした通り母音(あいうえお)の発声では舌を使うことは、ほぼありません。

さらに付け加えるとすれば、歌うという行為は、会話以上に、音階とリズムを激しく追いかける行為ですから、会話以上に母音の発音を正しくしなければ、喉を締め固めやすくなります。

英語発音を使い慣れていない日本人が、英語の歌を歌う場合はなおさらです。

  • 歌っていると息苦しくなる
  • 邦楽で出ている高音が出しづらくなる
  • 声が通らなくなる(声がこもる)

この状態は、「喉を締め固めてしまっている」と同時に「舌が力んで固まっている」ということが大きな原因になります。

母音(あいうえお)は口腔内の奥のフォーム(形状)によってほぼ作られます。 これは音階が上下しようと同じです。

口腔内の天井に当たる部分が「上アゴ」部分、そして床に当たる部分が「舌」と考えれば、

  • 舌が宙に浮く
  • 舌先が尖るほど細くなる
  • 舌が奥に引っ込み団子のようになる

というような状態は口腔内の形をイビツにしてしまう事になるのは、どなたでもお分かりになるでしょう。

その結果、母音の響きや音量を正常に作れず、無意識に声のボリュームを作ろうと「アゴ、ノド」周辺に力みを入れてしまい、結果として 「息苦しさ、中高音の出しづらさ、声の通りの悪さ、ノドやアゴの疲れやすさ」 というような事が起こってしまうのです。

では、どうして舌に力が入ってしまうのでしょう?

理由は「舌の筋力が弱く、舌を正しく動かせない」からです。

そんな大きな筋力はいりませんが、自由に扱うためにはある程度の筋力は必要なのです。

力が弱いゆえに、「全力でしか力を入れらず、一度力を入れると瞬時に脱力しきれない」そして、舌を動かすことに慣れていないために「アゴを動かすと舌がつられて動いてしまう」

使わないから力が弱くなる、力が無いから力加減や動作コントロールを細やかにできないわけです。 まさに「暴れる舌」です。

英語発音はもとより英語の歌を歌う場合、舌の使い方は日本語発音以上に細やかに使います。

先にお伝えした母音はもちろん、

舌先の動きが重要な「R、L、TH」

舌の奥側の動きが重要な「K、G」

舌全体の力が必要な「T、D」

など、子音を作り出すにも舌の働きは大切です。

それだけに、歌おうとしたり話そうとした時に、舌の筋力が弱すぎると動きがついて行かず、舌をはじめノドも力みが入り硬直し、声自体を出しづらくなってしまうわけです。

そんな状態にならないために 暴れる舌、硬直する舌を手なずける初段階のポイントをお伝えしておきます。

前回同様、

「あ~い~う~え~お~」

それと、アルファベットの

「A、B、C、E、F、G、H、I、J、K、M、O、P、Q、S、U、V、X、Y、Z」 (D、L、N、R、T、Wは抜きです)

これらを「舌先を下の前歯の裏から外さずに」続けて声に出して言ってください。

その際、ノド仏が上に上がらないようにする事も重要です。

余談になりますが、 ミックスボイスという声の種目名と同じくらい「リップロール」という練習方法名も、今では多くの方に知られていますが、まずは上に書いた「舌先をしたの前歯の裏に付けたまま」という動きの練習が出来た上で「リップロール」を取り組む方が正しいエクササイズ成果が出ます。

「タングトリル(巻き舌をしながら声を出す)」というエクササイズにおいても、舌先から舌根まで脱力した状態でやるのが本来のタングトリルのエクササイズになります。

リップロール、タングトリルは「とにかく舌をリラックスさせて」がポイントと覚えておくと良いでしょう。

※ロサンゼルスで「リップロール&タングトリル」を舌の位置まで指導され、以来25年以上ずっとそれらを毎日のようにやり続け、その通りに指導し続けている私がそう言い切ります。

舌の位置を安定させて声が出せるようになるだけでも英語の歌はかなり歌いやすくなり、発音もサマになってきますよ!

もちろん、邦楽の歌も格段に良くなります!

是非、チャレンジしてみてください!

【洋楽(英語の歌)を上手く歌うためのポイント】の残り三項目についても、楽しみにしていてください。

それでは、今日はこの辺で。

タプアヴォイスアカデミー
Takayoshi Makino