【英語の歌の上達法 Vol.1】ノドをひらく
-いつでもあくび出来ますか?-

「英語の歌を上手く歌えるようになりたい!」

ボイストレーニングを受ける方の中には、こういうリクエストを持っている方もおられますし、私がレッスンを受け持たせてもらっている方々の中にも結構おられます。

いきなりですが、良いボイストレーニングをきちんと受ければ、英語発音は格段良くなります。当然、「洋楽(英語の歌)」も上手く歌えるようになります。

もちろん「英語の歌(英語の発音含む)」を上手く歌えるようになるためには、発音の仕方だけでなく「英語発音を聴き取る力を上げる練習」も必要になりますが、「聴き取る」という部分については別の機会に見おくるとして、今回は発声を主においた

「洋楽(英語の歌)を上手く歌うためのポイント」にテーマを絞ってお話ししてみたいと思います。

ポイントと言っても、私の経験上、大きく5つほどあると思いますので、順にお伝えしていきましょう。

まず今回は、一つ目のポイントです。 タイトルは

「ノドをひらく」

と書いたんですが、「喉をひらく」コレは、通常の発声においても重要ですが、洋楽を歌う上でもの凄く大切です!

お気づきの方もおられるかもしれませんが、「カラダを楽器として扱う発声」重要な3項目。

その中の1つ目の項目は

「オープンスロートで歌えていますか?」

です。

英語表記で書くと「Open Throat」、つまり「喉をひらけ」

「口あけて」ではなく、あくまでも「喉をひらいて」です。

何度も言いますが、発声練習や歌う前のウォーミングアップの際も、この「ノドをひらいた」の状態でやっているかそうでないでは、雲泥の差が出るほど大事なポイントです。

特に、人と比べて

  • 声がかすれやすい
  • すぐに喉が痛くなる
  • 音域が狭い

というような方にとってはかなり重要です。そして洋楽を歌う、つまり英語発音で歌う場合

「ノドを開いて発声することが洋楽の歌唱を良くするポイントである」

と言って過言ではないのです!

しかし、コレだけだと多くの人は「ノドを開けって、どうやっていいか分かんないです」となるでしょう。

分かりやすく答えれば、今回のサブタイトルに書いた「あくび」の状態がまさに「全開にノドを開いた」状態です。

こう言うと、次に来る質問は

「あくびの状態で歌なんかで歌えるんですか?」だと思います。

もちろんあくびをしながら歌うのではありません(笑)

小難しい表現になりますが、

「口腔内から咽頭部分にかけて、きれいに開き、その空間で響きを作る」という事です。

なぜなら、咽頭(のど)から口腔内(口の奥)、鼻腔内(口腔の上)までの空間の共鳴音で声は作られるからです。
※耳鼻咽喉科のドクターのような表現で恐縮です。

英語発音はこの空間を多用しているのです。

そして、咽頭部、口腔内、鼻腔内を全開に開く感覚をつかむ単純な方法が「あくび」だということです。

この空間を狭めたままで英語発音の歌を歌うと

「なんか英語の歌に聴こえない」と言われるような「カタカナ英語の歌」に聴こえるわけです。

発声という観点から見ても、

  • 声の響きが小さくなる
  • 声の響きが濁る
  • 中音域から高音域の境目声が詰まる

というような発声になり、そうなると、足りない響きを補おうと無意識に声帯(ノド周辺)に必要以上の力を入れてしまいます。

また、人によっては無意識に音を鼻に過剰に当てて、響き(音量)を補おうとします。

そうすると

  • いつも鼻にかかった声になる
  • 話し声が小さい
  • 音域が狭い
  • 歌声が前に通らない
  • カ行、ガ行、ナ行、タ行、マ行などの滑舌が聞き取りにくい

と、聴く側にとって聴き取りにくい歌(声)になります。

コレが私がレッスン中によく指摘する、「ノドを締め固めている」という状態の発声です。

この状態のままで歌い続けると、力みが更に強くなり、最終的にはノド(声帯)を痛めるケースも出てきます。

洋楽を上手く歌うどころか、邦楽さえも上手く歌えなくなりかねません。

さらに言えば、母国語を英語として暮らしている欧米人であっても「歌おうとするとノドを締め固めてしまう」という状態になる人は沢山おられますから、欧米人シンガーであってもボイストレーニングの最初の第一歩として「ノドを開く」ためのエクササイズを繰り返し行います。
※タプアのマスターティーチャーであるビリーパーネルも現地のレッスンでウォームアップのようにノドを開くエクササイズは行います。

タプアの生徒さんの中にもインターナショナルスクールに通い日常的にネイティブな英語発音で会話ができる方が数名おられますが、欧米人と同様に「ノドを開いた状態でどんな音階もどんなフレーズも歌えるように」という練習を繰り返し取り組んでもらっています。

もちろん、ノドを開いて(あくびの状態で)声が出せるようになっただけでは、その声は「音の輪郭がハッキリしていない声」でしかなく、それをしっかりした歌声にするために「ノドを開いた状態で声帯はきちんと閉じて声を出す」という次の段階のレッスンが待っています。

とは言え、

「ノドを開くことが基本中の基本」

「ノドを開く発声練習をすれば邦楽のみならず洋楽まで上手く歌える」

ということは間違いありません。そして「洋楽は発声練習にとても有効」という意見も当然だと思います。

では、「ノドを開く」ことの重要性をご理解いただけた方に向けて、「ノドを開いて発声が出来ているかどうか?」自分でチェックする方法を一つお教えしておきますね。

まず、鏡の前でご自身の喉元を見ながらゆっくりと一定の音階(男性であればC3の音階、女性であればG3の音階がちょうど良いでしょう)で「あ~い~う~え~お~」と音を途切らせずに声に出して言ってみて下さい。

声を出し続けながら口の形を「あ~い~う~え~お~」と変形させていくイメージです。

大切なのは「音を途切らせずに」という部分です。

その時に、

  • ノド仏が上にあがる
  • ノドの中心に溝が出来る(ノド仏が引っ込む)

または

  • 舌が奥に引っ込む
  • 舌が宙に浮く(下の前歯の裏から舌先が離れる)
  • 舌の奥側が盛り上がり喉の奥が見えない

これらの中の一つでも起きるようであれば、「声を出す時にノドを締める癖」がついている証拠です。

ノドが開いたままであれば、母音発声の時にノド仏も舌もが動くことはありません。

一定の音階であればなおさらです。

逆に言えば、ノド仏も舌も動かさず「あ~い~う~え~お~」と全て連結させて言えるようになれば、ノドを締め固めず声が出せている目安の一つになります。

これはあくまでも初段階のチェックポイントの一つであって、これだけでノドを開いた発声ができているという判断は出来ませんが、 この発声チェックのポイントは初心者の方にとってはとても分かりやすく重要なポイントの1つです。

少しでもスムーズな発声が出来るようになりたい方は是非トライしてみてください。

この続きは、また次の機会にお伝えしたいと思いますので、お楽しみに!

タプアヴォイスアカデミー
Takayoshi Makino