【洋楽を歌おう その参】Jawsを躾ける

これまでのお話しの中で、何度も言ってきている事ですが、良い発声のための大切なポイントを一言で表すとすれば

「力まないこと」

になります。

コレは洋楽の歌を歌う時には、発音や声の音色(響き)においてとても大切なポイントになります。

では、具体的にどこが力まなければ良いのか?

大きく分けて4つあります。

「ノド」「舌」「首」

そして、「アゴ」です。

「アゴ」という名称を耳にすると「前歯の真下にあるアゴ先」をイメージされる方が多いかも知れませんが、ここで言う「アゴ」は耳の真下部分(エラ)から始まる「下アゴ全体」のことを指します。

英語でいうと「Jaw:ジョー」

そう!あの、大きなサメが出てくる映画「Jaws」の「Jaw:ジョー=アゴ」です。
※ちなみに下アゴの先部分のことは「Chin:チン」と言います。ボクシングに詳しい方はご存知かと思います。

この「Jaw:アゴ」(ここでは下アゴ側を指します)の力みを抜くことが、

  • 声の響きのコントロール
  • 洋楽(英語発音)を歌う為の口腔内のスペースの確保

という事において、とても大切になってきます。

では、下アゴに力みが入ってしまう事でどういうデメリットが出てくるのか?

  1. 口が正常に開かなくなる
  2. 舌の付け根周辺に力みが入る
  3. 舌の付け根が力む事で、のど仏が上がってしまい、口腔内の奥のスペースが狭くなる
結果、ノドが閉まりやすくなって口腔内のスペースが狭くなり、英語発音に重要な響きが正しく鳴ってくれない、最終的には洋楽独特のフロー感(発音のつながり感)が出なくなります。

では、下アゴに力みが入らないようにするにはどうすれば良いのか?

ポイントは

「正しく下アゴを動かす」

ということです。

正しく下アゴが動かせているかどうかのチェック方法ですが、

大きく「アー」とロングトーンで声を出す際、下アゴ(特にえらの部分)を後ろに引いて口を開けてしまうのであれば、その下アゴの動きは本来の動きになっていません。

正しい下アゴの動きは

「下に落とす」

というイメージです。

唇を閉じてガムを噛む動きをすれば、下アゴは自然な動きになっていて、 その時のアゴの下向きに動かす軌道は、若干前にせり出るようにして口を開けているはずです。

また、アゴの力を抜いて口を「半開き」にすると、アゴを落とすように開ける感覚が掴めます。

半開きの感覚がわかりづらい場合は、両手のひらで頬を包むようにして頬杖(ほおづえ)をつき、その状態から軽く「おー」と口を開ければ分かりやすいかもしれません。

「下アゴ全体を脱力させ、引力に逆らわず垂直に落とすようにイメージで口を開ける」

この動きが本来の「口(が開くとき)の軌道」であり、この開け方で確保できる口腔内の形状が良い発声フォームであり、洋楽(英語発音)をスムーズに歌うための大切なポイントになります。

文章だけではなかなか「正しい下アゴの動かし方」や「口腔内の形状(フォーム)」はお伝えしきれませんが、とにかく重要なことは舌と同様に「力を抜く」ということです。

鏡の前に立って、是非一度アゴの動きをチェックしてみて下さい!

タプアヴォイスアカデミー
Takayoshi Makino