謎のミックスボイス

technique_2
チェストボイス
ミックスボイス
ヘッドボイス

タプアが開校した約20年前の日本国内では、このような発声の概念や名称はほとんどの方が聞き覚えのないものでした。
しかし、昨今では日本もこれらの名称はかなり浸透してきたように思います。
とくに『ミックスボイス』という単語はシンガーを目指していない方でも聞き覚えはあるというくらいポピュラーになっているでしょう。

ただ、少々残念なことは、この発声の本来の概念や、実際の音声を耳にする機会はまだまだ少なく、当アカデミーに来られる方の中にも

『ミックスボイスはもう習いました!』とレッスンの際に自己申告される方が何人かおられましたが、

レッスンを始めてみると・・・???

全く間違った声の出し方(残念ながらミックスボイスではない声)をしているという方が大変多いです。

そのほとんどの方が抱かれている「ミックスボイス」の声のイメージは

「鼻腔空間あたりで響かせる」

という感じのようです。もしかするとこの記事を読まれている方の中にも同じように解釈しているという方もおられるかもしれません。

たしかに「鼻腔空間あたり」というイメージは全くの間違いではないのですが、本当のミックスボイスを出す大切な部分があります。

それは・・・

・・・・・

・・・

・・
チェストボイス
結論から言えば、

チェストボイス鳴らせていなければミックスボイスは出ない」

です。

さらに付け加えるとすれば、

チェストボイスがあってミックスボイスが鳴る」
チェスト・ミックスの移行がスムーズに出来る発声法であれば本当のヘッドボイスが響く」

です。

簡単な例えをあげれば、
ミックスボイスだけで歌う曲があるでしょうか?
答えは、NO!ですよね。

これはかなり極端な例えになってしまいますが、
ヒップホップ系のダンサーで「腕のウェーブの動かし方」だけをマスターして、ステップの踏み方もアフタービートの取り方も出来ないままで踊るダンサーはいません。各部位の動きが連動しシンクロしあって一つのパフォーマンスになっているわけです。(一部の方にしかわからない例えかもしれないですね。ごめんなさい!)

 

それに比べ、ミックスボイスが出せるようになるのはもっとシンプルです。

歌唱する際、低音域〜中音域〜高音域、全部使いますよね。
つまり、これら音域の声の移行がスムーズに出来る「発声法」になっていれば、曲の中音域のフレーズでは自ずとミックスボイスが出ているはずです。
逆に、中・低音域でチェストが鳴らせていない状態で中・高音域だけ「すかさず本物のミックスボイスを出す」というのは曲芸レベルに近いでしょう。歌唱でそれをしようと試みれば声質の差がありすぎて歌にはならないと思います。

 

『ミックスボイスという声の出し方をマスターしよう』

と考えるよりも、

『ミックスボイスが出る発声法をマスターしよ

と考えた方が正しく、ノドのケガも避けられます。それが結果としてミックスボイスが出せるようになるのは早く確実です。

ただし、自主トレや自己判断でのトレーニングではマスターすることは困難です。

その理由は大変シンプルです。

 

「今の自分が出す声がミックスボイスにつながる発声法になっているかどうか?」

それをミックスボイスが出る発声法マスター前の自分がジャッジすることはできなくて当然。

ですから、是非とも信頼おけるトレーナーを探し、そのトレーナーの耳でリアルタイムに声をジャッジしてもらうことがミックスボイスを体得できる最速で唯一の方法だと思います。

そして、そのジャッジを繰り返し受け、繰り返し修正していくこそが、本当のボイストレーニングの価値でしょう。

タプアヴォイスアカデミー
Takayoshi Makino


体験レッスンのお申し込みはこちら