音域を広げたい

shutterstock_430598596

音域が狭い(高音もしくは低音が苦手)
という悩みはほとんどのボーカリストが抱える悩みだと思います。

特に、高い声を出したいために、
勢いをつけて張り上げるように声を出している方も多いと思いますが、
結論から言えば、実はそれは全くの逆効果なのです。

声はノド(声帯)だけで造り出しているのではない

声は、口腔、鼻腔、首、頭蓋骨、胸部、など体の幾つかの部分がそれぞれ共鳴しあうことによって作られます。

ですから、それらの部位が少しでも「力む=固める」というアクションをしてしまうことで、その共鳴部分をミュートする(振動を止める)ことになります。

・緊張でカラダがガチガチ
・思い切り口を大きく開ける
・息を一気に吐こうとする

たとえば、これらのアクションが知らず知らずに「力み」を作っています。

ところが、特に高音域など、歌っている最中にフレーズによって声が出しづらくなると、ついつい力んでしまい強く大きな声を出そうとしてしまいがちです。
すると共鳴がしにくくなり、これが繰り返されどんどん悪循環に陥ってしまいます。

高音域は音の周波数(音の波の細かさ)が細かく速いですから、少しの力みでも驚くほど声が出づらくなります。

 

じゃあ、どうすればいいのでしょうか?

音域を広げるポイントは、単純に
【力まずに声を出す】
ことです。

とは言え、そもそも「自分がどの程度力んでいるのかよく分からない」という人も多いと思います。

私たちボイストレーナーの重要な役割は、
まさにそのような部分を客観的な目と耳で判断し、
適切な力加減で発声できるように導くことなのです。
あなたの身近に信頼できるボイストレーナーがいらっしゃるなら、是非一度は発声診断してもらうと良いでしょう。

力加減の目安としては
【全ての音域を同じ音量で出すようにする】
ことです。

同じ音量にしようと思えば、サビのフレーズなどは「今までよりも小さい声になっているのではないか?」と不安になるかもしれません。

ですが、実はその時の「力加減」と「吐く息の量」のバランスはベストな状態になっているはずです。

最初は「もっと力強い声で歌いたいんだ!」と感じるかもしれません。

しかし、段階を追ってボイストレーニングを続けていけば、
最終的に【力強く聞こえる声】が出せるようになるのです。

たとえば、
あなたが筋トレを始めた初心者だったとして、
トレーニング初日からいきなり高重量のウエイトを使ってトレーニングするでしょうか?
そんなことをすればケガをするのは必至ですよね。

まずは、正しいフォームで動かす、
まずは、低重量のウエイトから少しずつ負荷を上げていく、
ということからスタートするはずです。

ボイストレーニングもそれと全く同じ原理です。

 

ですから、音域を広げるための準備として、
いつも歌っている曲を
・力まずに、
・おしゃべりしている程度の音量で
歌ってみて下さい。

その力加減に自分の体感も耳も慣れてくれば、普段「高いなぁ」と思っていた音が意外と簡単に出せることに気づくはずです。

タプアヴォイスアカデミー
Takayoshi Makino


最新のLA式ボイストレーニング
タプアヴォイスアカデミー
<まずは体験レッスンから